• よし 整骨院

首こり・肩こり・腰痛は冷やすべき?運動してもよい?佐賀市腰痛 よし整骨院

最終更新: 2019年3月21日

「首や肩のこりは、こう対処する方が良い」「腰痛の改善法はこれが良い」など、体のこりや痛みにまつわる間違った思い込みや知識を持っている人が少なくありません。

今回は、首こりや肩こり、腰痛などに悩んだときに役立つ知識や、こりや痛みが起こる仕組みや原因についてお伝えしていきます。


■冷やしたほうがいい?それとも温めるべき?

よく「冷やしたほうが良い」「温めたほうが良い」などさまざまな意見があり、どっちが良いのかわからないと思ったことがある方がいるのではないでしょうか?

それはどちらも正解になります! しかし、処置を行うタイミングがあります。


慢性化した痛みやこりは、入浴や40℃前後のタオルなどで温めるのが効果的です。

しかし、急に痛くなった場合や、スポーツや仕事での特定の動作がきっかけで痛くなった場合は、炎症が起きている可能性があるので、まずは冷やしてください。その後、受診しましょう。

2,3日経って症状が落ち着いてきたら、温めるとよいでしょう。

そうすることで血行は良くなり、神経系の活動や細胞レベルでの活動も活発になり、組織は修復し始めます。


■運動したほうが、肩こりが改善します

肩こりがあり痛みが出るから動かさない方が良い!と思っている方は少なくないでしょう。

しかし、体を動かして血流を促進するのは、肩こりや腰痛の改善にとても効果的です。

肩こりや腰痛を理由に体を動かさないでいると、筋力が硬くなりやすくなったり、衰えたり、ますます症状が進みます。

「運動が苦手で動きたくない」という方は、まずストレッチやウォーキングなどを取り入れるといいです。

ただし、突然痛みが起こったときや、激しい痛みを感じるときは、体を動かさず安静にしてください。


■腰にやさしいのは、立ち仕事よりデスクワーク?

「座っている方がラクだから、腰痛になりにくい」と思いがちですが、そうとは限りません。座り仕事も立ち仕事も、ずっと同じ姿勢でいると、腹筋群があまり使われなくなりしまうので、体の側面や背中の筋肉に負担がかかり、腰痛を引き起こしやすくなります。

大切なのは、正しい姿勢をとること、そして同じ姿勢を続けないことがとても大切になります。

ただし、けがや突然の激しい痛みの場合は、楽だと感じる姿勢をとっても構いません。


■ぎっくり腰がクセになるって、本当!?

ぎっくり腰は、筋肉の疲れからくる腰痛とは少し違い、腰周辺の小さな筋肉や関節周囲の問題で起こる場合が多いとされています。

腰が弱っているとぎっくり腰になりやすいので、普段から姿勢に気をつけ、体を動かして筋力をつけておきましょう。「ぎっくり腰がクセになる」といわれるのは、完全に治っていないのに腰に負担をかけた場合や、姿勢を改善しない場合に再発しがちなためです。ぎっくり腰を繰り返さない生活習慣を身につけることが大切です。


■症状が出にくくなるようにストレッチ、トレーニング

改善、痛みを軽減するにはやはりストレッチ、弱った筋肉を活性化させるトレーニングが必要です。いくつかご紹介していきます。ぜひ、やってみて下さい!


① 首こり、肩こりは肩甲骨の動きが悪くなり、その周りの筋肉が硬くなり‘‘コリ’‘として症状が出てきます。肩甲骨を動かすことが大切です。


プルダウン(背中の筋肉)


1 手のひらを内側に向けばんざいをします。

2 手のひらを外に向けながら肘を曲げます。

3 肩甲骨を寄せるようにしましょう。

この動作で肩甲骨が動きます!



② 腰痛はハムストリングス(ももの裏)、お尻の筋肉が関係します。

腰痛が起こる方は、もも裏とお尻が硬い方が多いです。そこを改善していけばなりにくい体になっていきます。


ハムストリングス(ももの裏)

1 伸ばす方の膝の裏に手を組みます。

2 そのままいけるところまでももをお腹の方まで引き寄せます。

3 その状態から膝を伸ばしていきます。

この時、伸びているなと感じるところまで伸ばしましょう。

5秒間伸ばして戻します。まずは、これを5~10回行いましょう!



殿筋(お尻の筋肉)

1 伸ばす方の膝を両手で抱え込みます。

2 膝を反対の肩の方向に引き寄せます。

この時、抱え込んでいるお尻が伸びているのを意識しましょう。

10~20秒間キープして戻します。

まずは、これを3~5セット行いましょう。



姿勢の問題や筋肉の問題は、首、肩コリや腰痛を引き起こす原因になります。

根本的なところから改善をしていきましょう。

佐賀市 腰痛や肩こり、頭痛はよし整骨院にお任せください。


各症状にきくストレッチの方法をお渡ししています。ご興味あればどうぞ!

https://bit.ly/2VZqHq2

また各施術方法はこちらからご覧ください!

当院のHPはこちらです。

https://www.yosi-sisei-sports.com/

予約はこちらからどうぞ!

https://bit.ly/2VZqHq2

あなたのご来院をお待ちしております。

他のブログ

・ぎっくり腰の原因って何?

・ぎっくり腰ってクセになるの?

・ぎっくり腰の対処法は?

・腰痛の原因って何があるの?

・腰痛、坐骨神経痛、頭痛を繰り返している、あなたの姿勢は大丈夫?腰痛、頭痛は根本的な姿勢から!

・ママさんの骨盤矯正はよし整骨院へ



よし整骨院は腰痛、頭痛、交通事故の専門家

整骨院・整体院来院地域:鍋島町、八戸溝、開成、神園、神野、高木瀬、新生、新栄、昭栄、多布施、長瀬、六座町、中折町、末広、本庄、八戸、嘉瀬、伊勢、成章、天祐、鬼丸、中の館、城内、赤松、与賀、唐人、松原、柳、高木、朝日、田代、今宿、木原、巨勢、兵庫、南佐賀、川副、大和

42回の閲覧

最新記事

すべて表示

ケガが治らないのは食事のせい? 佐賀市 腰痛 スポーツ 交通事故専門

いつもケガを繰り返してしまう、なかなかけがが治らない。 炎症がなかなか取れないから、骨が早くできない、靭帯の治りが悪いから、 それもあるかもしれませんが、もしかしたら、ケガが治りにくい習慣があるかもしれません。 我々は治療家は骨や、筋の専門化ですが、体の専門家でもありますが、 違った面からみてみると、症状も、心も変わることがありますよ。 だまされたと思ってみてみてください。 食事のところをご紹介し

体の不調は食事面から‼朝食に納豆効果 佐賀市 腰痛専門 よし整骨院

こんにちは!よし整骨院です。 今回のテーマは・・・「朝食に納豆効果」について書いていきますね。 朝食に納豆を食べる5つの効果とは? 朝食に納豆を食べると5つの効果があります。 □血糖値の上昇が穏やかになる □満腹感が持続する □血圧を下げる □血液をサラサラにする □便秘を解消する このような効果がたくさんあるので意識して朝食に納豆を食べるようにしましょう。 近年、納豆が健康にいいとテレビや雑誌で