​足関節外果裂離骨折

外果裂離骨折は早く見つけて

はやく処置をした方がいい骨折です。

ちょっとした捻挫と思っていても

​骨折している場合が10歳前後には多いと言われています。

骨折を放置すると、このように骨片として残存します

骨片と元の骨はくっついていませんから、ストレスをかけると

骨片は靭帯にひかれて、元の骨との間に隙間が生じます。

靭帯は機能しなくなるため、足関節の動揺性(緩い感じ)が出現します。

そうなる前に早く見つけてあげて、はやく処置をすることが

​大切な骨折であります。

超音波検査で判断することができます。

​骨折を疑った場合整形外科へご紹介いたします

佐賀市の足首を捻ったけどなかなか良くならない人は

一度検査をお勧めします。​

​当院の治療・アスレティックリハビリテーション

当院では

低出力超音波パルス(Low Intensity Pulsed Ultrasound、以下LIPUS)を用いた治療法​

​をおこなっています。

ケガこそお任せを!!