​ジョーンズ骨折

Jones fracture

​ジョーンズ骨折はサッカー選手などサイドステップ、切り返し動作が多いスポーツに多く発生する疲労骨折です。

第5中足骨と言われる小趾の骨の付け根(骨幹部近位端部)を疲労骨折するといわれています。

過去のジョーンズ骨折をしたことがあるサッカー選手は

メッシ、ベッカム、オーウェンなど名立たる選手や

日本では小野選手、香川選手、清武選手、最近では柴崎選手

がなったことで有名であります。

第5中足骨基部は,短腓骨筋腱の付着部で,さらに第4中足骨と立法骨との間に,底側中足間靭帯,底側足根中足靭帯などの靭帯組織で強く結合されており、この解剖学的特性により,ランニング・カット・ステップターン等の繰り返し動作により,第5中足骨近位骨幹部(中足骨の全長の約33%の部分,中足骨基部から約2~3㎝の部分)に疲労骨折が生じるといわれています。

Jones骨折は第5中足骨近位骨幹部に介達的な伸延力(tension)が集中しやすいという力学的特性に加え,この部分の血流が少ないという解剖学的特性があるため遷延治癒や,偽関節に移行しやすく,難治性であることが広く知られています。

第5中足骨基部は,短腓骨筋腱の付着部で,さらに第4中足骨と立法骨との間に,底側中足間靭帯,底側足根中足靭帯などの靭帯組織で強く結合されており、この解剖学的特性により,ランニング・カット・ステップターン等の繰り返し動作により,第5中足骨近位骨幹部(中足骨の全長の約33%の部分,中足骨基部から約2~3㎝の部分)に疲労骨折が生じるといわれています。

Jones骨折は第5中足骨近位骨幹部に介達的な伸延力(tension)が集中しやすいという力学的特性に加え,この部分の血流が少ないという解剖学的特性があるため遷延治癒や,偽関節に移行しやすく,難治性であることが広く知られています。

​Acute type
​Delayed union type
​Non union type

分類

Jones骨折を3typeに分類する報告もあります.

Type1(Acute type)*新鮮例

過去に疼痛外傷がなく,骨折線が明確で鋭く,骨硬硬化がないもの

Type2(Delayed union type)*遷延治癒型

外傷や骨折の既往があり,骨折線は骨新生を伴ったり,遷延治癒像に類似したもの

Type3(Non union type)*偽関節型
繰り返す外傷と再発性の疼痛があり,骨折部の周囲の骨硬化が著しく,骨髄腔が閉鎖,偽関節に類似したもの

​症状は

初期の場合はあまり痛みを感じないことが多く、我慢してPLAYしているとあるとき、パキッと完全骨折し痛みが強くでる疲労骨折です。

保存療法では

再発を繰り返してしまうことが多い部分で、それを防ぐために十分な安静期間を設ける必要があり、復帰までに6か月かかることもあります。

そのため多くはOPEを選択することが多いです。

​当院の施術

当院では

低出力超音波パルス(Low Intensity Pulsed Ultrasound、以下LIPUS)を用いた治療法​

​をおこなっています。