​足関節内果疲労骨折

足関節内果(脛骨内果)の疲労骨折はまれな疾患でありますが、スポーツ選手にはたびたび起こる疲労骨折です。

​大腿骨頸部や膝蓋骨、第5中足骨近位骨幹部(ジョーンズ骨折)と同様に完全骨折してしまうことが多い部分です。

内果の部分が徐々に運動中に痛みが出現し、

はじめは運動を中止すると痛みは軽減か消失します。それを繰り返しながら痛みを我慢してPLAYしているとバキッと完全骨折になることもあります。

レントゲン検査でははっきりしない場合はMRI検査をすると判断できる

​場合もあります。

​当院の治療・アスレティックリハビリテーション

当院では

低出力超音波パルス(Low Intensity Pulsed Ultrasound、以下LIPUS)を用いた治療法​

​をおこなっています。

DYJOC(dynamic joint control training)』『動的関節制御訓練』

​足の内在筋を使えるようにし、バランスがとれるようにトレーニングをしていきます

​ケガこそお任せあれ!