​フライバーグ病

フライバーグ病は足の甲がスポーツ活動を繰り返しているとだんだん痛みが出現し、歩くときに痛みがでたり、つま先立ちジャンプの踏み切りで痛いなどの症状が出てきます。

似たような痛みに中足骨の疲労骨折がありますが、鑑別のポイントは圧痛の位置とMTP関節の背屈(指を起こす動作)で痛みが強く出現します。

・ 第2中足骨骨頭に好発します(他の趾にもなります)が原因は明らかではなく、骨頭内の血行不全、またはストレスによる骨頭内骨折による壊死だと言われています。

・ 13歳前後の女子に好発する。(男子にもなります。当管理者は男子が5人経験しています。)

・ 中足骨骨頭の扁平化した不整像を認め、骨棘、関節遊離体を認めることもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・ 軽症は、パッドや足底板などを使用、重症はOPE(骨切り)の方法があるようです。

​もしフライバーグ病が疑われた場合は適切な医療機関をご紹介いたします。