​スポーツ障害

有痛性後突起障害 有痛性三角骨障害

足関節が過度の底屈位になるときに距骨後突起(三角骨)が脛骨下端に衝突することによって引き起こされる慢性炎症と考えられています。

成長期に底屈位を繰り返すことによって、距骨の後方にある後突起の骨化がうまく行われず、距骨と分離し、副骨の状態になったものを三角骨といいます。

レントゲンで距骨と後方突起がくっついていなければ、それは三角骨です。

​三角骨

しかし後突起障害、三角骨障害も病態は一緒であり、さほど気にする必要性はありません。

過度の尖足位をとるクラシックバレーダンサーで典型的にみられるが、その他のジャンプやキックを繰り返すバスケットボールやサッカーでもみられる。ときには捻挫をきっかけに起こることもあります。

また何度も後方で脛骨後方と三角骨(後突起)が衝突を繰り返していると、親指を曲げる腱が炎症を起こしたり、損傷を起こしたりしてしまう状態になります。

大部分の人は保存療法でよくなりますが、なかなか痛みが取れない人もいます。

その場合は三角骨は過剰骨でもともといらない骨です。

手術で摘出(とってしまう)でも問題ありません。

手術が恐い人は病院で炎症を抑える注射をするとうい方法もあります。

その場合は連携している病院へご紹介いたします。

​ご相談ください。