• よし 整骨院

佐賀市 整骨院 膝が痛い  膝の下が痛い!これってオスグッド病?膝蓋腱炎?

更新日:2019年3月14日

こんにちは!佐賀市の整骨院 よし姿勢&スポーツ整骨院です。


皆さんは、一度は聞いたことがあるとは思いますが、「オスグッド病」という言葉を聞いたことはありますか?


成長痛と間違われることが多い、オスグッド病は成長期の子供に起こる、よくあるスポーツ障害です。

こどもの膝が痛いと訴えるとこの病気を思い浮かべると思います。

この痛みってなんで痛いんだろう?なんでなるんだろう?など疑問に思うことがあると思います。


オスグッド病の他に、成長期の膝の痛みに、膝蓋腱炎と言ったスポーツ障害があります。

その違いについてご紹介します。


<オスグッド病の症状>

オスグッド病の主な症状は、膝下の骨が隆起していて、膝下を押すと痛みがあり、ひどいときは、熱感があり腫れが生じます。主に休んでいる時は痛みが出にくく、ももの前の筋肉(大腿四頭筋)を収縮させる動きである歩行時、階段昇降、スポーツ時に痛がります。


<原因>

10歳くらい~15歳くらいの成長期に、主に跳ぶ、蹴るの動作を頻繁に行うスポーツをすることで症状が現れます。特にサッカー選手、バスケットボール選手、バレーボール選手に多いです。


骨の成長と筋、腱の伸長が追いつかず体のバランスが乱れることにより起きます。

すねの骨は、大人はしっかりした骨なのですが、成長期の時期は、まだ骨でなく軟骨なのです。


膝を伸ばす力の繰り返しにより、ももの前の筋肉(大腿四頭筋)が収縮し膝蓋腱付着部の脛骨粗面(すねの膝側)の成長軟骨部を引っ張り続けることで、剥離してしまいます。その剥離によって脛骨粗面の隆起となります。


<膝蓋腱炎(ジャンパー膝)>

このスポーツ障害は、あまり聞き慣れていない方が多いと思いますが、

ジャンパー膝とは名前の通り、バレーボールやバスケットボールなどでジャンプ動作や着地動作を頻繁に行ったり、サッカーのキック動作やダッシュなどの走る動作を繰り返したりするスポーツに多くみられる、使い過ぎによる膝のスポーツ障害です。

男女比は、10歳代後半に多く、3:1から3:2で男性に多く見られます。


<原因>

大腿四頭筋の柔軟性低下が一つの要因です。特に成長期の長身選手は、骨の成長に筋肉の成長が追いつかずに、筋肉が硬い状態になりその結果、負担が膝蓋骨周辺に蓄積するために起こる慢性障害です。


スポーツに支障が出るのであれば中止しましょう。重症化すると膝蓋腱が完全に断裂することがあるので無理はしないよにしましょう。


                     踵がお尻に着くのがBEST!

                     ↓

あなたが、腰痛、頭痛、骨盤の歪み、首の痛みなどでお悩みでしたら、是非一度佐賀市の「よし整骨院」までお越し下さいませ。

最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)/


佐賀市のよし整骨院は腰痛、頭痛、交通事故の専門家

整骨院・整体院来院地域:鍋島町、八戸溝、開成、神園、神野、高木瀬、新生、新栄、昭栄、多布施、長瀬、六座町、中折町、末広、本庄、八戸、嘉瀬、伊勢、成章、天祐、鬼丸、中の館、城内、赤松、与賀、唐人、松原、柳、高木、朝日、田代、今宿、木原、巨勢、兵庫、南佐賀、川副、大和

閲覧数:243回0件のコメント

最新記事

すべて表示

みなさんこんにちは! 佐賀市 よし整骨院、、整体院です。 今日は脊柱管狭窄症の人に良く聞かれる質問に答えていきます。 「整体でよく脊柱管狭窄症治ったって聞くけど、骨が狭くなっている部分は良くなってるの?」とか「整体で脊柱管狭窄は良くなりますか?」という質問がよくあります。 結論から言うと、「狭窄部分はほんのわずかなミクロの差の改善はあるかもしれないけど、MRI、レントゲン見ると変わらない」です。

皆さんは一般的なイメージのある骨盤矯正と産後の骨盤矯正の違いはわかるでしょうか? 一般的な骨盤矯正のイメージは、「バキッ」「ゴリッ」と音を鳴らすイメージがあると思います。ただその骨盤矯正では産後の骨盤のケアはできません。 なぜ一般的な骨盤矯正は産後の骨盤をケアできないのでしょうか? 巷の整骨院、整体では、骨盤矯正に「アジャスト」や「スラスト」という「バキッ」「ゴリッ」と鳴らす手技を使っていることが