• よし 整骨院

腰痛の原因は何があるの?佐賀市腰痛、頭痛の専門家 よし整骨院・整体院

更新日:6月25日


腰痛、頭痛の専門家、よし整骨院・整体院です。


今日は腰痛の原因って何があるの?っていうシリーズでお伝えしていこうと思います。


現在の医学では、腰痛の85%は非特異的な腰痛、15%が特異的な腰痛だと言われています。


 

非特異的な腰痛、特異的な腰痛ってなんやそれ?って思いますよね。


言い換えると、腰痛の85%は整形外科的に色んな原因があってよくわかっていない腰痛、残りの15%は病院で病名として診断がつく腰痛だよってことです。


こんなに医学が発達しているのに、明確に原因がはっきりしない腰痛がたくさんまだあるってことですね。


 

だから皆さんもよく周りから聞いたり、自分で経験したりするのは、「病院行ったけどレントゲンとって大丈夫って言われて、痛み止めとシップもらっただけ」という風になるわけです。


西洋医学のDrは病気や怖いものがないかを判断しており、病名がはっきりつけられないようなものは、様子見ていいよと言いがちです。



でもこれを見ている人は、「早く痛みとりたいから見てもらってるのに・・様子見って・・」っとなるわけですよね。


ただし、誤解しないでほしいのは、原因不明っていうことではないということ。


1つの腰痛に対して、原因がたくさんあって、それらがたくさん絡み合っている原因がたくさんあるためはっきりしないというだけです。


原因がはっきりしないから、治らないということではないので、そこは不安にならずにご理解くださいね。


 

・ 原因が一つではないということは、治療法の方法も一つではないということ

・ そもそも腰痛の原因は普段の生活の中にあるかもしれないということ

・ 一発でよくなる人もいれば、長くかかる人もいる。あの治療が私が効いたから、あなたも効くかもよ!は間違い。ひとそれぞれ腰痛の原因は違うから。いろんな情報があって飛びつきたくなるかもしれないけど、長い腰痛を抱えている人ほど、いろんな原因が絡み合っているよ。


 

っていうことが考えられるかもしれませんね。


腰痛の原因は西洋医学的にざっくりいうと、「筋肉、関節からくる痛み」、「神経痛」、「腫瘍や内科的な痛み」、「骨折、ばい菌感染」からなります。


ここでいう15%の病名がはっきりする腰痛は「神経痛」、「腫瘍や内科的な痛み」「骨折やバイ菌感染」です。


残りの「筋肉、関節からくる痛み」が85%の西洋医学的によく原因がわかっていない腰痛になります。



15%の腰痛は整形外科や病院での治療が主に適応となり、内服や、手術が必要になる場合もあります。多くは投薬による保存治療が適応になることが多いです。


 

85%の腰痛がわれわれ治療家の出番です。


この85%の腰痛に対して、いろいろな考え方や見方があるわけですね。


だから皆さんの周りに整骨院や整体がたくさんあるわけです。多くの方にお役に立てれるからこれだけ多いんですね。


 

今後はその85%の中の原因の見方、考え方をご紹介していきます。


最後までみてくださってありがとうございます。


よし整骨院は腰痛、頭痛、交通事故の専門家


各症状にきくストレッチの方法をお渡ししています。ご興味あればどうぞ!

https://bit.ly/2VZqHq2

また各施術方法はこちらからご覧ください!

当院のHPはこちらです。

https://www.yosi-sisei-sports.com/


予約はこちらからどうぞ!

https://bit.ly/2VZqHq2


あなたのご来院をお待ちしております。

他のブログ

・ぎっくり腰の原因って何?

・ぎっくり腰ってクセになるの?

・ぎっくり腰の対処法は?

・腰痛の原因って何があるの?

・腰痛、坐骨神経痛、頭痛を繰り返している、あなたの姿勢は大丈夫?腰痛、頭痛は根本的な姿勢から!

・ママさんの骨盤矯正はよし整骨院へ



閲覧数:44回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日よりぎっくり腰シリーズでブログを更新しています。 ぎっくり腰の原因は? ぎっくり腰はクセになるの? ぎっくり腰は激烈に痛く、動作に伴ってピキッとくるような痛みが出てきて動きたくなくなりますよね。 そして、寝たらよくなると思って、数日寝ていようと思いますよね。 でもその考えはちょっと待ってください。 ひと昔前は、ぎっくり腰があれば、「安静にしておきましょう、寝ていた方がいいですよ」と指導が日本中

なぜぎっくり腰は何度も繰り返してしまうのか? ぎっくり腰はクセになると言われています。 なぜ?何度も繰り返すのかというと、原因は4つあります。 原因1 股関節、骨盤、腰椎、胸椎、胸郭の可動域(動かせる範囲が狭くなっている) 原因2 股関節、骨盤、腰、背中、下肢、筋肉、筋膜の柔軟性が低下(硬くなって) しているため、うまく筋力を発揮できない、筋力の使い方を忘れている 原因3 原因1、原因2により姿勢