• よし 整骨院

佐賀市 脊柱管狭窄症の症状はどれぐらいで改善してくるもの?整骨院 整体

皆さんこんにちは、佐賀市 よし整骨院、整体院です。


脊柱管狭窄症とは


腰の骨の変形や椎間板が老化して潰れてしまい、神経の通り道である、脊柱管を狭くさせている状態です。





その状態で何かしらのきっかけで、神経が刺激を受け始めると脚のだるさや痛みが出始めます。


脊柱管狭窄症の大腿の改善の流れというのがあって、


1か月~1か月半の間に「歩く時間が長くなってきました。でもまだ痛い」「立っていられる時間が長くなってきました。でもまだ痛い」という感じで症状が改善してくる、でもまだ症状が出るという風な波が出てきます。


その波がだんだんゆるくなってきて改善してきます。


最終的に何も支障がないくらいになるのが、3か月から6か月の間が一つの目安です。





閲覧数:35回0件のコメント

最新記事

すべて表示

みなさんこんにちは! 佐賀市 よし整骨院、、整体院です。 今日は脊柱管狭窄症の人に良く聞かれる質問に答えていきます。 「整体でよく脊柱管狭窄症治ったって聞くけど、骨が狭くなっている部分は良くなってるの?」とか「整体で脊柱管狭窄は良くなりますか?」という質問がよくあります。 結論から言うと、「狭窄部分はほんのわずかなミクロの差の改善はあるかもしれないけど、MRI、レントゲン見ると変わらない」です。

皆さんは一般的なイメージのある骨盤矯正と産後の骨盤矯正の違いはわかるでしょうか? 一般的な骨盤矯正のイメージは、「バキッ」「ゴリッ」と音を鳴らすイメージがあると思います。ただその骨盤矯正では産後の骨盤のケアはできません。 なぜ一般的な骨盤矯正は産後の骨盤をケアできないのでしょうか? 巷の整骨院、整体では、骨盤矯正に「アジャスト」や「スラスト」という「バキッ」「ゴリッ」と鳴らす手技を使っていることが