• よし 整骨院

ママさんの骨盤矯正は佐賀市 よし整骨院・整体院へお任せください!

更新日:2019年3月21日


佐賀市 骨盤矯正が得意な、よし整骨院・整体院です。


今日は産後の腰痛やその他の不調、それらを改善させる方法と骨盤矯正についてお伝えします。


まずそもそもなんで骨盤矯正は必要なんでしょうか?


産後に骨盤が歪むのは、出産によって骨盤が大きく開くことが原因です。出産の影響でホルモンが産出され、骨盤が開きやすくなります。赤ちゃんを産むためには必要な作用なんですね。

出産が終われば、骨盤も元に戻るかと言われるとそうではなくて、そのままのことが多いんですね。またさらに体を休ませている間に横座りや椅子での足組み、猫背、あぐらなどになっているとは体を歪める姿勢なので、さらに骨盤が歪んでしまいます。


そのまま放置をしているとどうなるか?


産後のポッコリお腹がなくならない!

妊娠前にきていた服が入らない!

ということが予測されます。


妊娠中は筋肉が弱くなり骨盤が開いた状態だと、骨盤のなかにある内臓が下がり気味になります。また反り腰の姿勢を長く続けることで腹筋が伸ばされ、筋力が落ちるため、産後もお腹がぽっこりになってしまうのです。


そのため妊娠前にきることができていた服が着れなくなっている、もう少し様子見て着れるようになるだろうと思っていても、全然着れるようになる気配なし・・・

ということになります。


さらに女性の大敵の冷え症にもつながっていきます。出産を機に冷え症になったという人の声も良くききます。



ではその骨盤のゆがみを戻していくのが

骨盤矯正になりますが、

骨盤矯正はいつ頃から開始するのがいいのでしょうか?


産後すぐに骨盤矯正してもいい?

出産は、自分が思っている以上に、体に負担がかかっているのです。できるかぎり、授乳や抱っこの姿勢にも気をつけましょう。産後1か月くらいまでは、出産のために頑張った骨盤を休ませる時期です。


1ヶ月健診が終わってから

産後の自分のお腹を見て、「一刻も早く骨盤矯正をしなくては…」と焦るママも多いでしょう。しかし、骨盤矯正は無理に始めてしまうと、不調を招くことも。

1ヶ月健診で、何も問題が無い、もしくは2か月くらいから始めてみましょう。


また産後半年間は、開いた骨盤が、ゆっくりと戻る時期は、筋肉も骨も柔らかくほぐれているので骨盤矯正に最適のときとされています。ちょっとしたことで歪みやすい骨盤ですが、正しい姿勢や適切な引き締めで、産前以上の状態に戻すことが出来ます。

骨盤矯正のオススメ時期は、早い方で産後1ケ月~6か月で行うと良いでしょう!


また出産後以外でも、骨盤のゆがみを整えることで、様々な症状の改善がみられますので、

ご相談いただけたらと思います。


お家で簡単に骨盤の状態をよくする方法ってないの?


それは骨盤底筋とお尻のトレーングをすることで骨盤の状態をよくすることができます。

骨盤底筋とは骨盤の最下部に位置し子宮やぼうこうなどを支える大事な役割を持つ筋肉です。

この筋肉が弱ってくることで尿漏れや下腹部のたるみやすくなります。出産や加齢とともに弱くなり易い筋肉です。

しっかりトレーニングしていきましょう。



方法1

1.仰向けになり、両膝を曲げて脚を腰幅に置きます。両腕は軽く開いてハの字に置きます。

2. かかとで床を押すようにしてお尻の穴をぎゅっとしめるようにしながらお尻を上げ、1に戻ります

これを10回繰り返します。最初は2セットから始めていきましょう!慣れてくるとセット数を増やしてもいいでしょう!
















方法2

1.横向に寝て、両膝は90度ほど曲げます。


2.両足のつま先はつけたまま、上の脚を開いていきます。開けるところまで開いたら戻します。

※上の脚を開くときに、骨盤が後ろに倒れないようにしていきます。

これを10回左右交互に2セット行います。


継続は力なりです。

頑張ってやってみてくださいね。



骨盤矯正のご相談は佐賀市よし整骨院・整体院へ






各症状にきくストレッチの方法をお渡ししています。ご興味あればどうぞ!

https://bit.ly/2VZqHq2

また各施術方法はこちらからご覧ください!

当院のHPはこちらです。

https://www.yosi-sisei-sports.com/

予約はこちらからどうぞ!

https://bit.ly/2VZqHq2

あなたのご来院をお待ちしております。

他のブログ

・ぎっくり腰の原因って何?

・ぎっくり腰ってクセになるの?

・ぎっくり腰の対処法は?

・腰痛の原因って何があるの?

・腰痛、坐骨神経痛、頭痛を繰り返している、あなたの姿勢は大丈夫?腰痛、頭痛は根本的な姿勢から!

・ママさんの骨盤矯正はよし整骨院へ

閲覧数:105回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日よりぎっくり腰シリーズでブログを更新しています。 ぎっくり腰の原因は? ぎっくり腰はクセになるの? ぎっくり腰は激烈に痛く、動作に伴ってピキッとくるような痛みが出てきて動きたくなくなりますよね。 そして、寝たらよくなると思って、数日寝ていようと思いますよね。 でもその考えはちょっと待ってください。 ひと昔前は、ぎっくり腰があれば、「安静にしておきましょう、寝ていた方がいいですよ」と指導が日本中

なぜぎっくり腰は何度も繰り返してしまうのか? ぎっくり腰はクセになると言われています。 なぜ?何度も繰り返すのかというと、原因は4つあります。 原因1 股関節、骨盤、腰椎、胸椎、胸郭の可動域(動かせる範囲が狭くなっている) 原因2 股関節、骨盤、腰、背中、下肢、筋肉、筋膜の柔軟性が低下(硬くなって) しているため、うまく筋力を発揮できない、筋力の使い方を忘れている 原因3 原因1、原因2により姿勢